プロフェッショナルインタビュー

PROFESSIONAL-INTERVIEW

アプリケーションスペシャリスト

SOLTYクオリティのソリューションサービスで顧客満足を感じています

クラウドソリューション統括部 T.K

クラウドソリューション統括部
システムスペシャリスト
T.K
2014年 新卒入社

現在の主な仕事

会社の基幹となる人事・給与管理システムを始め、一般従業員向けの勤務管理・人事考課・諸届申請システムなど、会社を運用していくうえで欠かせない人事系システム全般の導入コンサルティングを中心に活動しています。 打合せで、お客様の業務における課題や改善点を明確にし、導入するシステムを用いてどのような改善・効率化ができるかというソリューションの提案を行い、システム導入から導入後の運用サポートも担当しています。
その他、商談対応やシステムのカスタマイズ・開発作業に加え、サーバ移行などのインフラ面も担当するなど、幅広い活動により様々な経験・知識を習得することができています。
現在はプロジェクトマネージャとして様々なプロジェクトに従事しており、プロジェクト全体のスケジューリングをしたり、お客様が方針決定しやすいように課題に対する改善案を検討・提示したり、多くのお客様、社内メンバーと交流を持ちながら仕事を行っています。

アプリケーションスペシャリスト仕事風景

印象に残っているエピソード

私が2年目の頃に担当したお客様は、既存システムでは役職別での残業時間が集計できない、現場別の労働時間が集計できないといった課題があり、手作業での集計に大幅な時間を費やしていました。
弊社システムを導入いただくことになり、私は初めてのメイン担当としてプロジェクトに参加しました。導入中は、お客様の業務が複雑なため、システムの基本的な使用方法では対応できない問題が発生しましたが、システム設定や運用面での工夫、カスタマイズの実装によりお客様の業務を大幅に改善・効率化することができました。
後日お客様から「業務改善により以前より早く帰宅できるようになりました。ありがとうございます。」とのお声をいただき大変嬉しく思いました。
こちらのお客様は現在もシステムをご利用いただいており、私が運用サポートを行っております。

SOLTYを選んだ理由

IT業界(SE職)の会社説明会に行くと、大半の会社では、入社1~4年目までは開発やテストなどの下流工程に携わり、その後、一部の人だけ徐々に上流工程に関わっていくというのが一般的な流れでした。
しかし、SOLTYでは、「入社後早い時期に上流工程から下流工程まで一通り経験し、自分に合った働き方を見つける」というスタンスで臨むことができ、早くから様々な仕事に携わることが可能だったため、入社を決めました。
私の場合、入社3ヶ月で客先での打合せから開発・テストまで、先輩社員のフォローの元で経験することができました。
その結果、自分に合った仕事、身に付けていきたい能力・知識など、今後の方向性を早い段階から認識することができていると思います。

今後の目標

現在は6年目になりますが、小規模~中規模を中心に、大規模なプロジェクトに至るまで様々な種類のプロジェクトにおいてプロジェクトマネージャという立場で活動しております。
今後はより商談にも積極的に関わっていき、自社製品のWiMS/SaaSを中心として、より多くの『自分のお客様』を獲得し、次のビジネスに繋がるような良い関係を築いていきたいと思います。
また、若手メンバーの育成も積極的に行い、共に協力しながら働いていけるメンバーを育みたいと思います。

プロフェッショナルインタビュー

PROFESSIONAL INTERVIEW

システムスペシャリストインタビュー
コンサルサービススペシャリストインタビュー
アプリケーションスペシャリストインタビュー
ソフトウエアデベロップメントインタビュー
内部統制スペシャリストインタビュー
プロジェクトマネージメントインタビュー

アシスタントインタビュー

ASSISTANT INTERVIEW

自社商品ソリューションインタビュー
ITコンサルタントインタビュー
ERPコンサルタントインタビュー

▲TOPへ戻る