プロフェッショナルインタビュー

PROFESSIONAL-INTERVIEW

プロジェクトマネージメントインタビュー

プロジェクトマネージメント

大規模システムで技術的な
問題解決&ソリューションを提供しています

プロジェクト計画統括部 チームマネジャーN.M

プロジェクト計画統括部 
WiMSソリューションチーム
チームマネジャー 
N.M
社会保険労務士
情報セキュリティスペシャリスト
データベーススペシャリスト
ソフト開発技術者

2005年 新卒入社

現在の主な仕事

入社以来、大手企業向けの人事・勤務管理システムの導入/開発/サポートサービスの提供を幾つか経験しています。 サポートサービスといっても様々で、お客様のご要望にあわせ機能のレベルアップを図ったり、制度改正にあわせ、今までと違った使い方の提案を行ったりします。
最近では、社会全体で働き方改革が進む中で、弊社の勤務管理システムも機能アップしております。弊社の勤務管理システムをご利用中のお客様に、働き方改革を実現するためのご提案をすることも多いです。

印象に残っているエピソード

普段私は人事・勤務管理システムの導入/開発という業務を行っております。しかし、システムをご利用頂いているお客様から、「操作性や見た目が“情報の検索”に特化した人事情報検索システムを構築してほしい」との強い要望がありました。技術的な制約から既存システムのカスタマイズでは対応できません。しかも、日本経済全体が停滞していた時期であり、コスト/納期が厳しい中でのシステム構築でした。
お客様の要望に応え、良いものを低コストで作る。というのはエンジニアにとって、腕の見せどころであり、やりがいを感じる部分でもあります。幸い私は自社パッケージである「WiMS」の根幹部分に精通していたこともあり、「WiMS」で利用できる部分のみを部品として切り出し、新システムに適用することで、システムを一から作るよりも大幅なコストダウンを実現できました。
新システムの構築では、納期が短い上に“操作性”が重要なファクターとなっていました。“操作性”は実際に使ってみないとわからないというリスクがあります。このリスクに対処するため、プロトタイプを短期間で作成し、シュミレーションしながら操作性を向上させていくという手法を取り入れました。
システム開発プロジェクトは、“品質”、“コスト”、“納期”を達成したかどうかで評価できます。この時は3つとも目標を達成し、“操作性”の面でもお客様にも満足いただけました。お客様から満足したとのお言葉を聞いた時はうれしいものです。

プロジェクトマネージメント仕事風景

SOLTYの良いところ

SOLTYの良いところは、3点あると思います
① 幅広くスキルアップできるところ
② 給与体系
③ 風通しの良い社風

● 幅広くスキルアップできるところ
システム開発やコンサルティングなど、様々なスキルを幅広く身につけることが可能です。ステージが上がるとプロジェクト管理スキルや、深い法律知識を身につけることもできます。現に私は社会保険労務士の資格を取得し、活躍の幅を広げております。

● 給与体系
当社では自分の行った仕事の価値とそれに見合った給与・賞与が納得する形で支給されるため、この点は満足しています。自分の仕事の価値が客観的に分かることはとても大切で、モチベーションの維持にもつながります。

● 風通しの良い社風
良い意味で上下関係が厳しい会社ではないため、上司や先輩に対しても意見が言いやすい社風であると感じています。大手企業と比較して、稟議やマニュアルに縛られるところは少なく、自分の裁量で進められる範囲が広いところも、風通しが良いと感じる理由かもしれません。

今後の目標

システム開発には様々なスキルが必要です。例をあげると、“技術力”、“業務知識”、“マネージメント力”等です。
これらは経験によって向上させる部分もありますし、常に自己研鑽を怠らない姿勢も重要です。 なぜなら、これらのスキルを向上させることでお客様により高い価値を提供できるようになるためです。 努力の結果、国家資格である情報セキュリティスペシャリストや社会保険労務士の資格を取得し、業務にも活用しています。
現在は複数のプロジェクトをマネージメントする立場となり、顧客・プロジェクトメンバーとよりよい関係を構築し、円滑にプロジェクトを推進できるようマネージメント力向上に努めています。
今後も努力を続けながらスキルを向上させ、プロフェッショナルとしてお客様に常に満足頂けるサービスを提供できるように全力で業務にあたっていきたいと思っています。

プロフェッショナルインタビュー

PROFESSIONAL INTERVIEW

インタビュー
インタビュー
インタビュー
インタビュー
インタビュー
インタビュー

▲TOPへ戻る