プロフェッショナルインタビュー

PROFESSIONAL-INTERVIEW

コンサルサービススペシャリスト

コンサルサービススペシャリスト

自社システムのクラウド/SaaSビジネスで
商品企画&マーケティングを担当しています

クラウドソリューション統括部 WiMS/SaaSプランニングマネジャー C.F

クラウドソリューション統括部
WiMS/SaaSプランニングマネジャー
C.F
2013年 中途入社

現在の主な仕事

人事システムのクラウド利用によるSaaS提供について、商品企画・マーケティングを担当しています。 当社から見るとシステム機能の提供ですが、お客様は、サービスとしてシステムを利用する立場になります。お客様の満足度を得て他社との優位性を出すには、サービスの提供モデルが決め手と考え、ここに力を入れています。営業活動でのお客様対応、時にはSEと共に要件確認からサービスセットアップを行って、当社のサービス品質が顧客ニーズを満たしているか、市場優位性を保っているか、現場に立ってチェックして、気づきを企画に活かしています。それを実際にサービスで実現するには、社内の様々な人の協力が必要です。意見がぶつかることもありますが、SOLTYのサービスを良くしたい真剣さは皆同じ。その思いが実を結び、お客様から喜びの声を聞ける時は本当に嬉しいです。

印象に残っているエピソード

お客様からサービスの質の高さを評価頂いた時に一番喜びを感じます。 勤務管理システムの提案で、営業、SEと協力し、機能要件以上にサービス内容に重点を置いた提案を行いました。機能がお客様の要望を満たしていることは大前提ですが、それだけでは他社と差がつきません。サービスの質は言葉や資料だけでは伝わりにくいので、実際にお客様に体感して頂くため、SOLTYのサービスを疑似体験して頂ける環境を作り、スピード感のある対応を心がけました。 「当社のサービスをお客様に分かり易く伝えたい。伝われば絶対に評価を得られる」というビジョンをチームメンバーで共有し、それぞれが担当分野でプロフェッショナルになりえたことで、お客様からは「システム導入は初めてで不安も多いが、SOLTYさんに任せたい」と言葉を頂き、受注にこぎつけました。

SOLTYを選んだ理由

SOLTYの、直接お客様へサービス提供するビジネスモデルに魅力を感じました。というのも、勤務管理システムのような企業向けのサービスは、必ずしも開発元のベンダーが顧客企業(利用者)に直接サービスを提供するとは限らないからです。(SOLTYでも、パートナー企業を通じてサービスを提供するビジネスもあります) マーケティングはユーザー視点を持つことが重要だと考えているので、SOLTYでは実際にサービスを利用しているお客様の生の声を聞いて、自社ビジネスに活かせる仕事ができるという点が決め手でした。また、浮き沈みの激しいIT業界で、一貫して自社ビジネス・フィールドで勝負している点も魅力でした。

SOLTYの良いところ

システムはサービスの集合体だと考えています。UIへのこだわりはもちろんのこと、ボタン1つとっても、その処理を実行することで、顧客企業の従業員様の人事評価や給与に影響しますので、私たちは単に要件を分析するだけでなく、お客様の業務に深く寄り添って提案を行います。SOLTYのサービスは、ITスキルだけでも、ヒューマンスキルだけでもなく、その両方がバランス良く機能することで、品質を担保しています。 SOLTYでの仕事は、厳しい面もありますが、人間としても成長できると思います。それがSOLTYの良いところではないでしょうか。

プロフェッショナルインタビュー

PROFESSIONAL INTERVIEW

インタビュー
インタビュー
インタビュー
インタビュー
インタビュー
インタビュー

▲TOPへ戻る